交通事故について

1 交通事故と法律問題

 交通事故が起きると、人が怪我等したり、物が壊れたりする場合があります。

 人が亡くなってしまう重大事故となる場合も少なくありません。

 交通事故では、自動車等を運転していた人には法律上の賠償責任が生じる場合があります。 ここでは、交通事故事件の流れや考えるべき視点を記載します。

 

2 交通事故の発生から賠償の流れ

  交通事故が発生した場合の一般的な流れは以下のとおりです。

 ⑴ 交通事故の発生と警察への事故届出

 ↓

 ⑵ 怪我の治療や物の修理等

 ↓

 ⑶ 治療の終了(後遺症の固定)

 ↓

 ⑷ 交通事故における損害額の確定と賠償金の支払い

 

3 自動車保険とその対処

  交通事故事件では、前提として、自動車保険による対応を考える必要があります。

 自動車保険は、大きく分けて①自賠責保険と②任意保険の2種類があり、①は強制加入であることから本来は全ての人が加入されているものであり、②は任意に加入がなされる保険です。

 交通事故が起きた場合、当事者双方において、自身がどの様な保険に加入しているか、そして当該交通事故において自身の保険又は相手方の保険からどの様な給付を受けることができるのかを調べる必要があります。

 交通事故の治療についても損害額が確定する前に内払いを受けられることがあるので、自身又は相手方の保険会社と十分に協議することが望ましいです。

 

4 後遺症が問題となる事故について

 交通事故では、場合によっては治療を続けても、事故前の身体に戻らない場合があります。

 その様な場合、交通事故によりどの様な後遺障害が生じてしまったのかを検討する必要があります。

 交通事故による後遺障害の認定については大きく2つの手続がありますが、いずれかの方法により当該認定を受けるのが望ましいです。

 いずれにせよ、後遺障害の認定に当たっては多くの資料(医師の診断書や医療記録等)が必要です。

 担当の医師に相談しながら後遺障害認定用の診断書の作成をお願いすることが必要となってきます。 

 

5 交通事故賠償で考えるべき点

 ⑴ 損害の範囲

 交通事故では、被害者が加害者に対して、交通事故から生じた人損・物損の損害賠償の請求をすることが考えられます。具体的には、怪我の治療費(入通院費)、通院交通費、入院中の雑費、休業損害、物の修理費用、慰謝料などです。特に、死亡事故や後遺障害が残ってしまう事案においては、慰謝料が比較的高額となる傾向があり、また逸失利益分(被害者が将来得るべき所得等の利益分)や将来の介護費用等も賠償の対象となる場合があります。

 当該事故でどの様な損害が生じたのか、それが損害として相当なのかは重要な検討ポイントです。

 ⑵ 過失相殺

 交通事故は、加害者と被害者が明確に分けられない場合が多々あります。双方が自動車を運転し、双方に落ち度がある場合、賠償責任を決めるに当たってはその内容を考慮し、減額等される場合があります。

 これは事故態様によって一定の基準があり、裁判所では実際にその様な基準や先例を参考に判断されています。

 

6 具体的にどう解決するか。

 ⑴ 示談

 裁判所を使わずに、当事者間において話し合いによって解決する方法です。

 もっとも、特に任意保険に加入している場合は、当該保険会社が示談に関する援助をしている場合が多く、全ての交渉を自身で行うということは少ないと思います。

 示談に当たっては、提示されている金額や条件等が本来賠償されるべき基準に比べてどの様なものかをきちんと確認すべきでしょう。

 ⑵ 民事調停

 裁判所の中で、調停委員という第三者を入れて、当事者間の話し合いによって解決する方法です。

 当事者間において感情的対立が激しかったり等のため、調停委員からの一定の中立的な提案を受けることによって解決できる事案もあります。

 もっとも、あくまで話し合いの場であり、解決には双方の同意が必要な手続です。

 ⑶ 訴訟手続(損害賠償請求)

 示談や民事調停の話し合いでの解決が困難な場合、賠償を求める側がその相手方に対して訴訟を提起することが考えられます。

 もっとも、訴訟手続は、厳格な訴訟手続のルールが決められており、適切な請求のためには専門職への依頼等をするのが望ましいと思われます。

 当該訴訟においては、交通事故の発生や損害の発生等につき、原則として賠償を求める側が証明等しなければなりませんので、訴訟の提起には当たっては見通しの検討を十分すべきです。